子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

m+(エムピウ)の財布エイジング経過とレビュー(2年経過の写真有)

2018/10/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

 

突然ですが、革製品ブランドm+(エムピウ)ってご存知でしょうか?

まず、僕自身が持つ革製品ブランドm+(エムピウ)のイメージのまま、簡単に説明します。

1.本革を扱うちょっと変わった商品を提供するブランド
2.創設者が建築家でデザインにこだわったブランド
3.おしゃれな人は知ってるけど、そこまでおしゃれだとは思っていない

全部いい意味です。なんせ僕はめっちゃ気に入ってますからね!

そんなエムピウの財布を買って分かった良さとエイジングの経過をお伝えしたいと思います。

ミニマリストでコンパクトが好きな方にもおすすめの商品です。

 

前回の記事に「前ポケットに入る!夫が厳選小さな財布ブランド4選」書きました。

その厳選された中の革製品ブランドm+(エムピウ)のミッレフォッリエを2年前購入。

2年しっかり使って細かい部分でいいなと思ったポイントをまとめます。

スポンサーリンク

m+(エムピウ)の財布のエイジング経過とレビュー(2年経過の写真有)

・前ポケットに入る

コンパクトで前ポケットに余裕で入ります。

長財布を後ろポケットに突っ込んで半分見えている方をよく見かけますが信じられません。

日本だから成り立つのでしょうが、盗まれますよ。そしてかなりカッコ悪い。

ここはスマートに前ポケットでしょう!

ちなみに前ポケットでなくても、ズボンのポケットにすっぽり入ります。

・お札に折り目がつかない

小さい財布を追求していくとマネークリップやお札を完全に折り曲げて収納するものもあります。

なんとなくお札に折り目がつくのは子供のお使いみたいな雰囲気が出るので嫌なのです。

折り目が付かない。これは完全に僕の偏見なので非常に細かいポイントです。

同じ考えの人はきっといるはず!

・小銭が20枚くらい入る

小銭はあんまり持ちませんがある程度入らないとお釣りを受け取ることが出来ません。

将来的には金額の多寡を問わず小銭をレジの横にある募金箱にブチ込める男になれるように頑張ります。

でも、しっかりレビューすると小銭を溜め込むタイプの人にはこの財布はオススメ出来ません。

二回か三回レジでお札だけを差し出してお釣りを受け取ったら、

たちまち財布がパンパンになっちゃうのがこのミッレフォッリエなのです。

お釣りをジャラジャラ!って注ぎこめる形にはなっていますのでその点は心配ありません。

こまめに財布の中身をメンテナンスする人はかなり気に入ってもらえると思います。

スポンサーリンク

・カードの小部屋がある

長財布などはカードを差し込むタイプが多いです。

このタイプはどこになんのカードがあるかわかりやすいし、

いつもの場所!って感じがあってメリットが多いのですが、

私の場合はそもそものカードが少ないので差し込むタイプよりも放り込む感じのこの財布はとても気に入りました!

 

取り出す機会が多いクレジットカードだけは差し込むところに収納し会計もかなりスマートに行うことが出来ます。

これは本当によく考えられた設計だと思います。

しかし、カードが多い人や財布にレシートを溜め込むタイプの人はすぐに他の財布に変えたくなると思います。

そして私はこういう使う人を選ぶ感じの持ち物が堪らなく好きなのであります!

 

、、関係ないけど、盗みの天才とか天才詐欺師とかアル中の天才ガンマンとかが

集まってそれぞれの良さを最大限活かして戦うのとかすんごいテンション上がるんです私。関係ないけど。

・ギボシ留めでカッコイイ

購入する時に最後まで迷ったのがこの「ギボシ留め」です。

この財布の最大の特徴であり、手に取らないとわからない部分でもあります。

使い続けていくと外れやすくなるのでは?と唯一不安に思うこの部分。

 

そして私は先人たちのレビューを読み漁り、この財布を購入することを決めました。

「まぁこの部分がダメだったら、もっと商品としてボロクソに書かれてるだろう」

「他の部分をかなり作り込んでいるこの財布の設計者がここを適当に作ることはないだろう」

という思い込みが最後の一押しでした。

 

実際2年使って緩くなって外れやすいという感覚にはなっていないです。

なんならファスナータイプよりも持ちがいいと思います!

スポンサーリンク

・エイジングが楽しめる!!(2年経過)

この財布の魅力はやっぱりエイジングが楽しめること!

使えば使うほど、革に味が出て色が変わっていきます。

エイジングの面白いと思うところは使う人によって、

色の変化の仕方やしわの出方が変わるのです。

ただ、財布に関してはしわは出ないので色の変化を楽しむ感じですね。

 

私が購入した色は「grigio」

緑がかった色です。

購入当初は↓

2年使って↓

全然違うでしょ!茶色にすこーし緑が入ったような深い色合い。

財布のエイジングの面白いところは、よく手で触るものだからての油で変化が速い。

そして、人によってエイジングのされ方が違うんですよね~~。

買いたての頃は無駄に触ってましたw

 

私はこの財布から革製品にハマっていくことになります。

30歳にしてエイジングの魅力にどっぷり浸かります。

そして、革製品、ましてやエイジングを楽しむまでになるには

莫大な費用がかかることを知りますが、それはまた別のお話w

若い時分は

「世の中のおじさまはなぜ革製品を好むのかわからない」とか

「あのツヤッツヤの感じが脂ぎってて気持ち悪い」とさえ思っていました。

革製品のエイジングは完全な自己満足ですが、物欲や趣味なんぞ全て終点は自己満足です。

・革製品方面の自己満足行き
・コレクション方面の自己満足行き
・筋トレ方面の自己満足行き
・ゴルフ方面の自己満足行き
・写真方面の自己満足行き

ね?全ての趣味も自己満足が終点なわけです。だから意味なんて関係ないのです!

まとめ

ミニマリストに好評!革製品ブランドm+(エムピウ)の財布レビュー

使ってみて分かったいいところをまとめると、

  • 前ポケットに入る
  • お札に折り目がつかない
  • 小銭が20枚くらい入る
  • カードの小部屋がある
  • ギボシ留めでカッコイイ
  • エイジングが楽しめる!!
スポンサーリンク
お役に立てれば幸いです。
それでは、皆様ごきげんよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2018 All Rights Reserved.