子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

ドラマ「コウノドリ」4話 帝王切開後でも自然分娩したい理由

2017/11/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは!chikaです♪

今回のコウノドリもお母さんの複雑な想いがリアルに再現されていて

共感した方も多いのではないでしょうか?

 

簡単にあらすじを言いますと

安めぐみさんが演じるママは、一人目を帝王切開で産んでいます。

その一人目の女の子に対し、いいママになれていないと言う思いが

「お腹を痛めて下から産んでいないからなのでは?」と思うように。

帝王切開していても、次の子を自然分娩で産めることを知り、

子宮が破裂するなどリスクもありながらも自然分娩で産むことを決意。

陣痛が来ていてもなかなか開かない状態が続き、帝王切開を勧められ、

妊娠を理解していない頼りないパパと

辛そうなママを見ながら泣きそうな長女。

「絶対下から産むから!頑張ってもっといいお母さんになるから!」と。

子供の「ママは頑張ってる」とその言葉で帝王切開にすることに。

 

 

私は二人とも自然分娩で産んだのですが、

同じママとして気持ちが分かります。

きっとこう思ったのかな。と。

 

育児って正解がないって分かっている。

自分の気持ちをコントロールしたくても出来ない時ってどのママも一緒。

そんなつもりじゃない。

子供を悲しませたいわけじゃないのに、つい言った言葉や態度で傷つけてしまったかな。

子供に愛情が伝わっていないのかも。

もっと愛してるって伝わって欲しい。

お腹を痛めて産んでいないから、

自分に母親としての自覚が足りないのかも。

お腹を痛めて産んだらなにか変わるかも!

私、変われる気がする。

 

そんな感じではないでしょうか?

いつも子供と向き合っているからこそ、そう思ってしまったのかな。と。

帝王切開だから「いい母親ではない」なんてこれっぽっちも思いません。

多分、世の中のお母さん皆そんな風には思っていないと思うんです。

だってどっちも大変で、すごいこと!

一人の人間をこの世に生み出すんですよ?

帝王切開も自然分娩も無痛分娩も同じ。

 

世の中に痛みをより感じた方が母親としてすごいって考え方がなんとなくある気がする。

帝王切開は分からないけど、無痛分娩の反対派はそういうことな気がする。

このママの想いは、そこから生まれたのかなぁと思いました。

それか、人としての本能?

とにかく、

 

子供にとってママが一番のママ。

 

私もそれを忘れないようにしたい。

 

読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ポチっとお願いします!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2017 All Rights Reserved.