子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

500万貯金、結婚して、住宅ローン組んだら、会社員辞めろ

2018/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

どーもー。脱サラした夫です。

7月に司法書士試験を受けて、

仕事をしなければいけないのに燃え尽き症候群がえげつないです。

基準点の発表が1ヶ月後ってなかなかツライですね〜

脱サラして平成30年度の司法書士試験を受けてきました。

本日は、私が会社員の時に辞めるに至るまで、ふわぁ〜っと考えていたことをまとめてみました!

スポンサーリンク

500万貯金、結婚して、住宅ローン組んだら、会社員辞めろ

タイトルの通り、会社員で働き、今現在脱サラして分かったことは

「500万貯金して、結婚して、住宅ローン組んだら、会社員辞めろ」ということ。

脱サラへの道ー500万円の貯金ー

なぜこの金額なのか!?

 

あまりしっかりとした根拠があるわけではないのですが、

500万円という金額は貯金が得意な人にとってはあまり高いハードルではないと思います。

「人生で貯金なんかしたことがない!」という人にとってはかなりの大金だと思います。

そんな人は横領でも裏金でも副業でも何がなんでもして貯金しろ。というわけではありません。

というか、それに当てはまるのだとすれば、そもそも会社員を辞める必要がないと思います。

おそらくそういうタイプの方は、僕の経験上、会社員をやっていた方が人生楽しいと思います。

 

私は貯金する側の人間だったのですが、

貯金をしたくてしている。というよりもお金をうまく使えず、

お金を使う楽しみ<お金を使う不安

というだけでした。

貯金をしない人を羨ましいとさえ思っていました。

目的を持ってお金を使うのは確かに楽しいのですが、

残高が減っていく恐怖に押し潰されるのが簡単に想像できるため、買い物の時にはいつもビビってましたw

 

そんな人も無意味に貯金を続けていくのは全く意味がありません。

 

昔、会社員の時に先輩(35歳)が3500万円の残高の通帳を見せてくれたことがありました。

その先輩はものすごく貯金が好きで年間の収入のほぼ全てを貯金に回していました。

実家暮らしなので、家賃はかからず、親からお小遣いももらっていましたが、それも貯金してましたw

 

私は、「すごい人だ!」と素直に思いました。

その人の場合、貯金が趣味だったと思います。

 

貯金はするに越したことはない。
しかし、貯金にはひとつだけ大きなデメリットがあります。

それは使わないとお金の価値が具現化しないことです。

増えていくのは通帳の数字であり、他に何が変わるわけでもありません。

そのお金を使って車を購入すれば車が手に入りますが、貯金をすると通帳の残高が増えるだけです。

3500万円貯めている先輩はきっと今も具現化せず大事にとってあるのかな。

 

そんな先輩を考えは近いと思いながらもそうなりたくないとも思っていました。

しかし、前述のように私はお金を使うことの不安に勝てない人間。

そんな中で私は年間100万円の貯金を目標に会社員生活をスタートしました。

そうです。ナンダカンダやっぱり貯金をしながら生活しておりました笑

 

そして、何年後かすると、この貯金の最も有効な使い方に気がついたのです!!

それは「時間」を買うことです。

この貯金は驚くことに時間に化けるのです。

そして500万円という数字は普通に生活する程度であれば月20万円使うとしても

25ヶ月!!

人生でこの2年間はかけがえのないものになると断言できます。

私の場合はこの時間を勉強することに費やすことにしました。

貯金をどう使いたいかわからない人はこの考えも選択肢に入れてみてください。

 

脱サラへの道ー結婚ー

結婚する。

漠然と考えていたことでしたが、私は会社員じゃなければ結婚できなかったと思っています。

妻が今の私を見て

「わぁ素敵な男性!遅滞なく右の者との婚姻届の提出手続きを終えるものとする」

というリアクションがあるとは到底思えません。

妻からすれば軽く騙された感は否めないと思いますが、

結婚してから会社員を辞めてサンシャインを一身に浴びてる私に

「おはよう」と声をかけてくれているうちは頑張れる気がしております。

結婚をするしないは人によって変わると思いますが、

会社員の長所を最大限活用することは悪いことではありません。

というよりも結婚から派生する事が多い次の内容の方が大事です。

 

脱サラへの道ー住宅ローンを組むー

世間の会社員の信用は非常に厚いと感じます。

不動産を取り扱っていると自営業者と会社員の差は歴然でした。

 

そのことを表すような知り合いがいました。

その人は父親が自営業の人がいまして、

会社員である息子に住宅ローンを借り替えさせて

なんか黒に近いグレーのようなことをやっていました。

あんまり関わりたくなかったので詳しく聞いていませんが、

今思えば、会社員の信用をうまいこと使っていたんだと思います。

会社員でなければ住宅ローンを組むことはかなり難しいです。

逆に考えると組んでから辞めちゃっても支払いが滞らない限りは文句言われることないのです。

これも銀行を軽く騙してる感が否めないと思いますが、

自営業を視野に入れている人はこんな考えを頭に置いてもらえると面白いと思います。

脱サラへの道ーそして、会社員を辞めるー

私の場合、この3つの準備が整った時に「会社員を辞める」という考えが急に沸いてきました。

つまり、元々独立を考えてやってきた行動ではなかったのです。

貯金したいな。会社員ならできる
結婚したいな。会社員ならできる
家が欲しいな。会社員ならできる

そして、これらのミッションを終えた後に考えたやりたいことは

ほぼ全てと言っていいほど「会社員だとできない」ことでした。

貯金、結婚、家を目標とした会社員生活では当然だと思います。

 

そして独立を意識しないまま、会社員を続けていたため、何の知識も人脈もない状態だと気付きました。

しかし、私の頭の中は「サラリーマン辞めたい」でいっぱい。。。

何かできることはないか?

辞めたところで何をどうするんだ?

と頭がパンクしそうな日々が続きました。

 

スポンサーリンク

【辞めたくないと思っている方。】

脱サラした私だからこそ、

私の逆の考えを会社員を辞めない考えとして伝えられるかもしれません。

 

会社員を続ける人は、もっと大きな目標を早い段階から持ってください。

例としては、

「出世したいな。」
「会社を大きくしたいな。」
「あの上司のようになりたいな。」
「この会社の社長になりたいな。」

という長期的なビジョンを持ってください。

そしてその目標に自信を持ってください。

そうしないと

 

この文章が皆様にとって、

私のような状態になる前に自分の目標と自分の将来を真剣に考えるキッカケになれば、

とても嬉しいです。

というか本当にそんなことになったら、コメントください笑

全力で相談に乗ります!

読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2018 All Rights Reserved.