子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

得るものがない人とは付き合うな!6つの特徴

2018/02/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

はい、どーも。夫です。
いつもいつも偉そうなことばっかり言ってるけどほとんど自分のことを振り返りながら書いてるだけです。
そう考えると今回の記事も自分が9割くらいは当てはまることでした。ちょっと恥ずかしいけど書きますw



皆さんは周りに得るものがない人っていますか?
こんなえげつない質問してくる奴こそ得るものないよ。って言われそうですけど。
広い意味で言って得るものがないというか。。。栄養がない食事というか。駄菓子というか。
食べてる時はめっちゃ美味しいんだけど、後からなんであんなもの食べてたんだろう?というか。

僕は、思考が停止していた時代がありました。
本当に今振り返っても、何をしていたか思い出せないのです。
学生時代は一年過ぎるのが長く感じていたのに社会人になってから
だいたい23歳から28歳くらいまでの仕事の記憶がなんかうっすらしているのです。

思い返せば、同じことを繰り返していたんだろうなぁーくらいにしか考えていなかったのですが、
自分が自分の人生を作るんだって思った時に無駄な付き合いや行動をしていたんだって気づいたので

「得るものがない人の6つの特徴」を発表します!

下記の特徴の人たちは付き合って同じフィールドにいても得るものがないと感じるはず。

自分をサクセスさせたいなら付き合い方を考え直してみてはいかがでしょうか?

1.会社を辞める人を見下している人

多いです。こういう人。僕もきっとそんな人たちに見下されていることでしょう。
しかし、このブログを読んでいる人、だからと言って気にしないでください。
「皆さん!とりあえず会社を辞めればどういう意味か分かりますよ!」なんて雑なことは言いませんw

まずは、会社を辞めていった人たちを見下して自分を正当化するようなちっちゃいことはやめてください。

僕は会社を辞めていく人は「会社で通用しなかった人たちだ」と思っていました。

というよりもそのように教えられてきました。

それをなんの疑いもなく信じてきました。現在、会社に生き残っている人たちは素晴らしい人材なのだと。
この考えをやめることはなかなかできませんでした。会社に残ることができる人材になりたいと思い続けていました。

ただ一応言っておきたいのは、その会社で生きることに命を賭けた人たちにはなんの文句もありません。

ソルジャーです。かっこいいです。

僕が問題だと思っているのは過去の僕のような人間です。なんの疑いもなく、上司が言っているそれを信じてる人です。
考えることをやめ、ある程度の給料をもらうことを免罪符になんとなくこんな感じで良いんだろうなぁと組織に属し、
たまに辞めていく社員の話題を酒の肴に居酒屋でストレス発散するような人たちと話すことはありません。

会社を辞めた僕だから言えることですが、会社で生きていくってことはそんなに簡単なことではありません。
もちろん、考えることをやめたら簡単なのかもしれません。
「この会社で生きていく!」って決めた人と過去の僕のような人間の差は明らかです。

皆入社したその日に「俺は社長になる!」って決めて入社はしてない。
しかし、どこかのタイミングで 心の底に杭をぶちこまないといけない瞬間 がやってきます。
その覚悟を持って生きていくのであればその舞台が「会社」であろうと「自営業」であろうと関係ないのです。

その覚悟ができた人からカッコいい大人になって、生きていくことができます。

僕はいろんな人たちと出会う中で会社という組織がとても小さいものだと思いました。
僕の場合は自営業の人たちとの出会いでそれを気づけたことがとても幸運だったと思います。

 

2.副業を悪だとみなしている人

僕の場合、28歳くらいまで会社を辞めるという考えすらなかったように思います。
潜在的にはあったのかもしれませんが、自分の考えに顕在化してない状態です。

潜在的にあったのかもしれないと思うのは振返ってみると
不動産投資をしたり、株式投資したり、ブログの記事を作ってみたり
会社の団体保険から別の保険に切り替えたり、賃貸アパートを買おうとしてみたりw
漫然とお金をいじってました。

副業はしたいと思っていたけども、以前の会社では副業禁止
まぁそんなことするな!て言ってもちゃんとうまくやる人はいるんでしょうけど。
僕はうまくやれなかったので会社をサボりながらのらりくらりやってました。

副業をしない人が悪いというよりも、お金を稼いでいることを悪いこととか会社に対する背信行為だと思っている人がいます。
僕がマンションを賃貸に出しているだけで「それって会社にバレたらどうすんの?」って。。。

ちょっと何言ってるのか、わかんないです。会社にバレてもどうもしませんw

その他にも、 株式投資をしていないのは、日本人だけなんじゃないかと思うくらい皆さんやっていません。  少なくとも僕が前にいた会社ではほとんどの人が株式投資をしていませんでした。
みんながみんな揃って、会社からお給料をもらって「給料低い」だの「ボーナスどうだった?」だの・・・

それなら副業すればいいのに。

会社の小さい籠で思考を停止してたら、稼ごうとも思わなくなるのかな。

 

3.貯金をしない人

先ほどのものと少し似ていますが、貯金をしない人は関係を切ったほうがいい人の代表格。
僕は貯金というものは「人生の選択肢を増やすことという位置付けで考えています。
人生の岐路に立った時、貯金があると自分のやりたいことできる可能性が少しだけ上がります。
やりたいことがない人はずっと貯金する羽目になりますがw
今の僕でいうと、勉強をしたいということにこの貯金を使うことができます。
 時間をお金で買えたってことだと考えるととてつもなく大きい効果 だと思います。

貯金が出来ないからって付き合いは関係ないと思いますか?

こういう人たちの考えや発言は同じようなことずっと話していませんか?

思考停止してませんか?未来を考えず、選択肢を狭めている人から得るものはありません。

「あ~またパチンコですった~」「お金ないから会社辞めれないわ、、」と。

 

貯金にはコツがあると思うので、そんなことも記事にしたいなぁーって言っても結構基本的なこと
しているだけなんですが、今度、資産管理データとかアップして記事を作ります!

 

4.夢を描けない人

以前の僕は他人の夢を応援することができませんでした。
嫉妬や憧れで反対しているならまだかわいいのかもしれません。
僕の場合、本当にその人が失敗する!と頑なに信じて発言してきたのです。
大多数の日本人は「自営業=失敗」というネガティブなイメージが先行しています。
僕もそのひとりでした。

自営業者は失敗するとか会社員の方がいいとかのイメージが根付いて得をするのはどんな人たちなのかわかりますか?

 会社の取締役と自営業者です。  会社員を辞めて飛び出していこうとするとき、9割以上の人が引き留められると思います。
どんな人材だからとか関係なく、とにかく辞めてほしくないのです。
理由は単純、取締役のお給料が少なくなっちゃうからさぁー!!
自営業の人たちはライバルいないほうが稼げるから。こっちもシンプル。

本当に頑張って働いたら自分の給料くらい絶対に稼ぐことができます。この記事を読んでいるあなたなら。
本当にそう思っています。理由はこんな長ったらしい文章を飽きもせずに読んでくれているから。
なんとなく読解力がある人だと推察できるので(適当w)

 

5.会社以外の人間関係がない人

僕はサラリーマンの時、会社以外の人間関係がありませんでした。

というか、会社の中でも人間関係はそんなに構築できていませんでした。w

仲の良い同僚だけが話せる相手。
会社だけが僕の世界の全てだったのです。こんな視野が狭い人間は珍しいんじゃないか?と思っていたら
以前の会社にはそんな人たちがわんさか居ました。

休みの日は会社の人とゴルフしてる奴。
営業部グループのメンバーで旅行してる奴。
その旅行の写真を丁寧に机に飾っている奴。

僕は自営業の人たちと付き合うようになってから考え方から何もかも変わった気がします。

 

6.タダ働きに違和感がない人

休日出勤をなんとも思っていない人、サービス残業をなんとも思っていない人。
会社はそんな人たちの働きを待っています!
よくぞ来てくれましたってなもんですよ。

そもそも、なんで働いているんですか?
先ほど書いたように「この会社の社長になる!」っていう覚悟を持っている人以外は
自分の時間を自分のために使うべきだと思います。まぁ言いたいことは次のことの方が重要なんですが。

はい、もうひとつ。とても大きなデメリットを言いますね。
タダで働くことに違和感ない人は皆にもそれを求めてしまいます。
求めるまではいかないにしても、「こっちはやっているのになぜ?」という顔をするもんだから、困ったもんです。

こういう考え方は「どうやっても、これは治らない!」っていうものではなく、考え方次第でどんどん変わっていきます。
自分の核となる考えを持った瞬間に人は見違えて変わります。景色も変わりますよ。

うわ、最後の最後で根性論みたいになったw

いかがでしたか?

このような人は沢山いると思います。

この6つの特徴に共通しているのが、会社に縛られ、考えることをやめ、自分で作ろうといていない人。

上を向いていない人と付き合っていてもなにか得るものがありますか?

脱サラしてからも(自分を大切に生きると決めてからも)

必要ある付き合いでしょうか?

まぁそうなった時には、すでに必要ない付き合いだと分かると思います!

価値観や行動がズレていくんです。

 

ちなみに過去の僕は上記内容の5つは当てはまっていました。
3以外は全て自分のことを言っているようでした。つらいわーw

 

少しでもみなさんの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2017 All Rights Reserved.