子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

脱サラの最大の難関!妻への説得。成功への道

2017/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは!chikaです♪

私の夫は中小企業に勤めていて、ここ最近脱サラを決意!

脱サラってサラリーマンになると誰しも一回は考えてしまう事なんだと思います。

ただ家族がいる場合、家族にすごい影響を与えてしまうのでそこで踏みとどまり、

脱サラを諦めてしまう人が多いのではないのでしょうか?

それがよかった人もいるだろうし、後悔がすごい人もいると思います。

スポンサーリンク

そこで、奥さん側の私の経験を含め、「妻への説得の成功と失敗」を分析してみました。

説得に自信がなくて諦めてしまうのなら、これを見て本当に説得出来ないか考えてみてください。

 

成功する説得の仕方

あくまで、脱サラして事業が成功と言うわけではなくて、説得の成功の話です。w

 1.やりたいことや具体的な理由や気持ちを伝える 

ここは本当に大事!まず、奥さんは長年一緒にいても夫が大好きでも

夫の思っていることや会社での考えや描いてる未来なんて言われなきゃ分かりません。

奥さんの生活を過ごしていて急に

「脱サラしたい!」という生活が一変するかもしれないことを言われるのです。

当然、警戒します。w

「どうして脱サラしたいと思ったの?」

「脱サラしてどうするの?」

「やりたいことがあるの?」

「脱サラして生活していけるの?」

一番心配なのは生活の部分。

 

私の夫は、まず行ったことは、

脱サラを匂わすこと

「僕自営業やったらどうなるかなぁ?」

なんて夢物語のような話から始まり、

そして現在の仕事の話。

「この会社にいてもこれから家計がカツカツになってくわ」

「このまま出世したら帰るのどんどん遅くなると思う」

逆に「このまま働いていた方が生活まずいんじゃないか?」と思えてきます。w

これは結構効きます!

で!ついに言うのです。

「司法書士の資格をとって、もし取れたら会社辞める!」

「司法書士は自営業の中でもでも安定のある職業」と。(司法書士については後日書きます。)

高い教材の許可が欲しく説得されます。

ここの時点では、

リスクは教材くらいで会社を辞めるわけでもないし、

会社を勤めながらなら「まぁいいか」と許可。

そしてその日から

夫は思っている気持ちを毎日のように話してきます。

「脱サラして、仮に司法書士になった場合のこと」

「家族にどう見られたいか」

「今の会社でやっていけない理由」

「楽しむために脱サラしたいこと」

その話を聞いて、会社が嫌だからという理由だけで「辞めたい」と言っているんじゃないんだな。って

やっと夫が考えていることが分かりました。独立を応援しようと思いました。

そして、勉強に専念するために辞めることに。

 

知り合いの旦那さんはこれが出来ていませんでした。

その奥さんは「辞めたい」と言うことや、会社の大変さは聞いてましたが

「辞めていいよ」とは言えませんでした。

後に「やりたいことが具体的に決まっていて、辞めたい。なら考えるけど、とにかく辞めたい。だけじゃ応援できなかった」

と言っています。

ブラック企業で夫自身が潰れてしまうならその理由もありかと思いますが、

未来が全く読めないことを応援するのは、かなりギャンブルです。

 

言われなきゃ分かりません。

頑張って気持ちを伝えましょう!

2.脱サラして独立した時のメリットを話す

思いつくメリットすべて話しましょう!

そのメリットはもちろん家族にとってのメリットを重視してください!

我が家で言えば、

「休日が今のままだと平日だけど、

司法書士になったら土日祝で子供のイベントに参加できるようになる!」

「歳を取っても働きたいだけ働くことが出来る!」

「上手くいけば年収も上がる!」

などなど。

 3.脱サラ後の生活の変化と収入の得方を話す 

「脱サラしたらどんな生活になるのだろう?」

「収入はどうするの?」

奥さんはあなた以上に気持ちが追いついておらず、覚悟も少ないと思います。

どんな影響があって、

成功するまでの間の収入をどうするかを話し合いましょう!

奥さんに生活分は稼いでもらう事になるとか、自分でアルバイトで稼ぐとか。

脱サラした後の保険などの情報も調べて置いてもらうと

イメージがしやすくなり気持ちがついていきやすいと思います。

 

4.覚悟を態度でみせる!

なんだかんだ言ってもこれが一番伝わります!

その覚悟は「会社を辞めたい!」っていう覚悟ではなく「独立して成功してみせる!」の覚悟です。

 

いかがでしたか?

当たり前のことしか言ってないかもしれませんが、

このコミュニケーションの大切さを知っていない旦那さん結構いると思います。

奥さんを説得するのに大事なのは、自分の描いている未来のイメージを伝わるように教えることだと思います。

同じ気持ちで進まないと、ついていけなくなります。

一番に家族の不安を取り除く努力をしましょう!

自分の気持ちがまとまって覚悟が決まってから話しましょう!

覚悟のある態度が一番響きます。

 

参考になれば幸いです。

読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2017 All Rights Reserved.