子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

ん~。わけわからん!理解に苦しむ育てられ方

2017/09/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
体調等、崩されてないでしょうか。
日々の中でストレス等を感じてないでしょうか。

 

寝るときは仰向け、しかし、起きるときにはうつぶせになっている男、そう。私です!

さて、今月いちばんの“知らんがな”は出ましたでしょうか?
皆様なりの、各自の大きめの“知らんがな”が出たのであれば嬉しい限りです。

 

本日は過去の日記があったので恥ずかしながらご紹介させていただきます。

僕は好き嫌いが全くと言っていいほど、ありません。
なんでも食べます。とにかく、口に運びます。
出されたものは異常な量ではない限り、たいらげます。

納豆、ピーマン、人参、グリーンピース、ブロッコリー
一般的に嫌いなものとしてあげられるものでも、逆に好きなくらいです。

スポンサーリンク

ここからは、僕の主観なので、賛否両論あるかと思いますが、

好き嫌いはないに越したことないと思うのです。

でも、一品二品くらい嫌いなものがあるのは仕方ないことです。
僕が言いたいのはめっちゃくちゃ好き嫌いあるのはよくないんではないかい?ってことなんです。
アレルギーとかは全くの別次元なので違うと思うんです、それ以外の嫌いなものってことね。
ここで言う「めっちゃくちゃ」っていうのはいっしょに食事する人にメニューを悩ませるレベルだと思ってください。

僕の後輩でナヨナヨナヨナヨしてる子がいました。以下、ナヨ君とします。
そのナヨ君は僕が今まで会った中で最もDeep Impactでした。

まず、にんじん、ピーマン、ネギ全般、しいたけ、トマト、サラダ全般、とにかく食べられないものばっかり。
ナヨ君にどうしても聞きたかったのは「なぜ、食べないんだい?」ってこと。
おそらく、理由は「嫌いだから」ってなると思うんですが、嫌いだからだけではないくらい種類が多いのです。

 

僕は心配です。

 

もし仮にこれから先。
僕よりももっと偉い上司の方々との食事会などがあったとき。
立食パーティなどがあったとき。
好きな女性との素敵な夕食。
結婚が決まってお互いの両親の顔合わせの食事会。

 

ナヨ君、チミはせこせこと嫌いなものをお皿の上で分けるのかい?しかも数種類におよぶ君の嫌いな食べ物を。

僕は、好き嫌いがないからこういうことを言いたくなるのかもしれないんですが、
もし、そういう大事な場面でカチャカチャ皿の上で作業してたらどうなんだい?って思っちゃうんです。

 

しかも、そのナヨ君。もっと衝撃的なことがあったんです。

私「なぜ、食べないんだい?」
ナヨ「嫌いですしぃ、食べられないんですぅ」
私「食べようとしたことはあるのかい?」
ナヨ「一度においを嗅いで、無理だなってなっちゃって」
私「それでいいのかい?」
ナヨ「ホントに食べられないので」
私「家で出てきたときも同じように?」
ナヨ「家ではお母さんが僕の好みを知ってるので出てこないんですよ」
私「あぁ・・・そっか」

あ~、お母様が。そうか。早めの決断を下し続けていたのですね。あ~。

 

呆然としました。そのナヨ君、留年したとかなんとかで僕より一学年上なんです。
僕は入社が早いから僕の方が少し先輩なんですが。率直な感想は、「ガキやなぁ~」です。
その子は僕と違って一人暮らしもしたことない子なんですが、「両親どこまで甘いんじゃろ」って思っちゃいました。
子供がかわいいのはわかるが、24歳になって23歳の僕にガキって思われてるってどうなの?って思っちゃいます。

 

「好みを知ってるから嫌いなものが食卓に並ばない?」
へぇ~。マジでびっくりです。ナヨ君、ホントにそのままで大丈夫??って聞きたい。

 

ただ、もちろん僕も自分が全部正しいとは思いません。
両親に愛されるからこそ優しい子が成長していくのかもしれません。
実家で24年間、両親の愛に包まれるのもいいのかもしれません。

僕は違うなぁっていうだけかもしれませんからね!

 

ただ、僕はナヨ君を目の当たりにして

うちのスパルタ教育+放置プレーの両親に改めて

感謝しました。

なんでも全部食べるまではテレビの時間にはならなかったし
おかんは、敢えて僕の嫌いなものを見つけようと頑張る時期があったし
一人暮らし始めても仕送りなんてないし、親父に殴られるし
車校のお金、親にローンだし

んもぅ、散々だったけど

おとん&おかん、ありがとう。

※あっ!やっぱ虫とかは食べれないかも

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2017 All Rights Reserved.