子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

過去の日記を見て凹む。

2017/09/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。chikaの夫です。

 

過去の日記を見て凹みました。

よみがえる過去。

スポンサーリンク

いや、ちゃうんすよ。なんやかんやこれだけはちゃうんすよぉ

ぶぁ~~、、、あぁ~

・・・・ってか、んもぅ~あー!!!

ぐぁ~!!!

昨日の朝いきなりネコ轢きました。最悪な気分です。ダダ凹み。

なんかね、轢いたこともそうだし、ネコ嫌いじゃないし、感覚が生々しいし。

もうやだぁー!!

もうね、轢き逃げできる奴頭おかしいっすよ!?ネコでこんなんになってるこっちの立場になれよ!

んもぅ、泣きそ。

まず、状況説明しますと、一昨日、意味もなく夜更かししてしまったんですよ。
んで、アラームなんだかんだ鳴らなくて、髭も剃らず、顔も洗わず、歯磨きすらしないで速攻すれば
そう、ランアンドガン豊玉(スラムダンク)すれば会社にだけは間に合うような時間に目覚めたんですよ。

遅刻はいかん!ってなってビックリするくらいの速さで飛び出したんです。

エンジンかけて0.0秒で即アクセル踏んだら

マゴォ!!!
って音がして左の後輪が浮いた感じがしました。
最初はなんやわからず遅刻したくなかったんで発進したんですよ。

輪止めに乗ったのか?うん、きっと輪止めに乗ったんだ。
まぁ輪止めに乗ったのだとしたら輪止めの後ろに輪があるから輪止められてねーじゃんウケル
とか思いながら、うすうす感づいている何かをごまかしながら遅刻しないように頑張って運転したんですが。

んで、会社に着く直前に考えてみると

「ん。ちょい待て」
「アレ生物(せいぶつ)的なものじゃねーのか?」
辻褄というイナヅマが僕の頭の中に走り始めまスタ。

「ん。ちょと待て」
「出発と同時にマゴォ!っておかしくね?」
違和感の正体を掴み始めます。僕は違和感の正体と対峙することとなります。

「猫じゃね?」

「あれ、猫じゃね!?」

髭面のまま会社に着いて暫く仕事したんですが、気になる。いやいや、気になる!
集中できるかぁ!無理じゃあ!集中できるかできないかでいうと、できないヨリだわ!も~バカが!!

午前中でなんとかパソコンでやるべき作業を終え、外回りの時間を確保できました。
万が一ネコ的なものだった場合、対応策が思い浮かばなかったので、この内容を同僚に相談しておりました。
同僚「めっちゃ他人事でウケるんだけど、保健所しかねーだろ笑」

昼休み返上で自宅に戻ります。

結果はね。最初に言ってるからね。もうわかってるんだけどね。

轢いてた。ネコ轢いてた。

まだいたもん。ぐったりしてんじゃん。もうやだぁ。殺猫犯、現場に戻ってきちゃったよ。どうすりゃいいのよコレ?
マジなにしてやりゃいいのよ。まずは、同僚が言ってたことをやる。

「保健所に連絡するしかない」って思って会社に時速30kmくらいで凹みながらトボトボ運転しました。

ってか、猫。車の下に入らないでよ!車の下は入ったらダメだって!

僕、一度も君ら轢いたことなかったんよ!
君らが飛び出してきても、ライトにビックリして急に道路の真ん中でビターって硬直されても、大抵止まってきたんよ?

轢いたらお互いツラいから止まれる努力、視野、テクニック、色々勉強してきたの!

なんで車の下にいんのよ!左の後輪ってどうすりゃいいのよ!

そりゃ遅刻寸前で予備動作なく出発した僕も悪かったけどさ、ありゃ気付かないよ。僕が車に乗り込むくらいのタイミングで逃げてよ。

もうやだぁ。マジごめん。

謝る!マジでごめん。

あぁ~・・・・・ホントごめんなさい。

※ごめんなさい

皆さんも車を発進するときお気をつけください。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2017 All Rights Reserved.