子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

腎臓結石で激痛!そして倒れる!体験記録

2017/09/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク

どうも。chikaの夫です。

 

これは僕が23歳お盆の時の話です。つまり遥か昔の話です。
その日は仕事が休みで家でごろんごろんしてたんですが、ごろんごろんしてたら背中がピリピキしてきました。

「桜木と同じだ・・・この4ヶ月が嘘のようになくなってしまうのか・・・」

と心配してたら、一気に左のわき腹が痛くなりました。そりゃぁまぁ痛い。すんごい痛い。
でも、その前日かっこつけてガンガン飲んでいたので、

「俺、飲めるぜ」的な、ちょっと調子に乗りすぎちゃって胃もたれ的なものだと思いまして、我慢しておりました。

我慢してました。

10時にゴングがなって、13時まで我慢してました。山王の一之倉みたいになるんだぁって思った時期もありました。

でも、私、あの、私。一人暮らしなのでこのままじゃ死んでしまう!
腹痛で死ぬなんて嫌だ。ってか、腹が痛いって子供かよ。って思ったので、

すんごい痛かったんですけど救急車は呼ばずに自分で運転して病院に行こう。ってなったんすよ。

本当に痛くて、汗が出まくって、少々手足が痙攣し始めました
無理やり無理して無理矢理にでも無理に無理した状態で無理に運転して
病院に辿りついてやりました。

ヤクザ映画さながらアウトレイジよろしくな雰囲気まといながら銃で撃たれたような表情で受付に向かっていくと、

受付の女性陣ひいてます。

「出オチじゃん」みたいな顔で見てます。

私「腹が・・・・・・・痛いん・・ですがぁ!」
全く大事ではない後半が強めになってしまいました。

女性「・・・・・もう、受付は終わってまして・・・大丈夫ですか?」

よう言えたな。受付終わってるなんてこの表情みてもよう言えたな。

逆の立場ならね、いや、僕ならね、受付終わってたとしても受付終わってるとは言わないと思うよ。

よくもまぁそんなこと言えるもんだわな。ストレス社会かよ。

木曜日の午後はお医者さん達、学会的なものでやんややんやしてるって噂は本当なんですね。

こんなんなら午前中、腹の痛みと戦わなければよかった。

喧嘩買ってる暇(いとま)はなかった。早く病院来たらよかった。あらまぁ、びっくりドンキー・・・

いろいろ考えたんですけど、激痛のため、倒れました。

過呼吸引き起こして手足バッチーン固まってます。

誰もいない病院でバッチーンってなってる人がいます。

ひと笑いあってもいいような気がします。

病院スタッフ大慌て。

病院が救急車を呼ぶ事態になりました。

んじゃわしが救急車呼んでもよかったやん。病院が救急車呼ぶっておかしいやん。
んで、マダム3人が私をストレッチャー(担架みたいなの)に乗せようとするんですが、僕、バッチーンってなってる。

メンズ2人が同じようにするんですが、バッチーンって。

しばらくして、バッチーン解除。自分で乗る。「なにこいつ・・・」ってなったと思いますよ。ホントごめんって。

こっちだってバッチーン自体が突然だったし、バッチーン解除も突然だったんだもん。

救急車到着。初めて救急車乗りました。感想は特にありません。

救急隊員が血圧を測ろうとしてきます。二の腕のあたり縛ってマイーーーンってしてきます。
手足痺れてるのにすごい膨らませてきます。

「免許証ある?」とか言ってきます。
んで、また腹に激痛やってきます。

「あぁ!なんじゃこの痛みぃぃ!」って思って、救急隊員のアゴをおもっきし殴ってました。わざとじゃないんす。

 

ホントに痙攣してただけなので激痛の中で

「わぁぉぁぉ・・・・すいませぇん・・・ント・・・すいませぇん」
ホントに力を込めて殴ったというよりも力だけが入りまくってて血圧測る奴で脚気みたいな動きになって

そこに救急隊員のアゴがあったという状態でした。
救急隊員後ろのドアにバムンってなってた。

アゴいかれたらヘルメットの意味ないけどドアにバムンってなってるときにヘルメット役に立ってた。ホントすんません。

救急病院に到着。血抜かれて、CT撮影、レントゲン撮影、マダム看護士からの声援など様々な手続きを終えて、3時間放置。

盆休みで実家に帰っていた家族も全員集合。おかん、泣いてます。おとん、田舎のおっちゃんと飲みすぎて酔ってます。

末っ子が死にそうな顔してんのに爆笑。

お前の息子がこんなに苦しそうなのに爆笑。救急のところにふさわしくない笑い声が響いております。

普通もう笑い終わるよね?っていうところから更に笑ってます。謎のボーナスタイムが続いてます。

検査の結果、腎臓結石。

お医者さん「うん、これは激痛だね。気を失う人もいるからね。うん、これは痛いよ。うん、ホントに痛い。」

・・・「うん」多くね?

お医者さん「うん、痛み止めの座薬入れてみて、ちょっとね、うん、様子みよう」

ケツ見せ、座薬入れて、痛み止まらず。

筋肉注射でやっと止まりました。筋肉注射は一般的に痛いそうですが、ノーリアクションになるくらい腹が痛かったです。
検査結果いろんな数字を見せられて説明を受けたのですが、よくわかんない。
すると書類を見ながら医者が
医者「あ(笑)これ(笑)一個だけ異常値w」とかヘラヘラしながら言ってて
僕は“何言ってんだこいつ、人が腹がいてぇ、つってんのに。

時代が時代ならしばきまわしてやろうかコノヤロウ、医者コノヤロウ”って思ってたんですが、

続きの言葉を聞いてダンマリ決め込む羽目に相成りました。

医者「救急車の中で暴れたでしょw?その時に力はいりすぎて乳酸が異常値だね笑」

はい、ダンマリ。僕から言うことはもうなにもありません。ホントごめんなさい。

その日のうちに帰り、なんやかんや寝ましたが、現在でも石は出てきてません。
勝手に治ったのでしょうか。よくわからない思い出。

※救急隊員の人、今度飲みましょう

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2017 All Rights Reserved.