子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

なぜ自己啓発本はどれも同じ言葉が並んでいるのか。

2018/09/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

皆様は自己啓発系の本を読みますか?

あの本にはやたらと似たような言葉が並んでるイメージなんですが、何故なんだろう?

と考えました。

ひとつの仮説を立ててみました。

スポンサーリンク

なぜ自己啓発本はどれも同じ言葉が並んでいるのか。

本を書く人たちは大体同じ考え説

本を書こうと考える人たちは経営者だったりしまして。

ざっくりと言えば、確固たるものを持ってる人ですね。

自分が全くブレない人っていうのは哲学を持ってるのですが、結構似たり寄ったりの考え方です。

珍しい考え方というわけではなく、一般の人も頭でわかってるんだけど、行動することは出来ないものが多いと思います。

 

啓発本の正しい読み方としては

書いてあること同じやん。

ではなく

やっぱり書いてあるやん!

がオススメでございます笑

それをどうやって実現するかを自分で考えるキッカケにするのが肝要ですね。

スポンサーリンク

本を買う人たちが欲しい言葉が大体同じ説

私の知り合いでいつもビクビクビクビクしている先輩がいました。

その人は自己啓発系の本を何冊も読んでいました。

有名なところはほとんど読んでいたと思います。

読んだ本の感想をそのまま伝えてくれるので

あ、あの本読んだんだな。

僕は読んでないけど、内容また同じだな。

と、この先輩のおかげで世の中の自己啓発の本に書いてあることを把握したと言っても過言ではありません笑

 

その先輩は、自分に自信がない。というのが口癖でしたし、

言わなくてもわかるくらい自信がなさそうでした。

つまり、自己啓発の本は自信を失った時に読むと良いということですね。

 

購買層のニーズに合わせた編集がされていると言ってもいいかもしれません。

 

そもそも言ってることは大したことない説

三段オチで構成される記事というのはたくさんありますが、こちらもその構成です笑

しっかりと述べておきたいのは様々な筆者を否定するものではありません。

参考になるものはたくさんありますし、その言葉で人生変わった!というものに出会った人もたくさんいます。

でも、本で人生変えられる人は絶対に他の出来事でも人生変えられます。

何冊も同じような本を読んでも変わらない人は本では人生変えられないのだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

なぜ自己啓発本にはよくある言葉が並んでいるのか考えてみた。の話

私の仮説は

①本を書く人たちは大体同じ考え説

②本を買う人たちが欲しい言葉が大体同じ説

③そもそも言ってることは大したことない説

 

私は一冊の本よりも一瞬の出会いだと思っていますので、こんな結論に至りました。

と、散々偉そうに言いながらも私もチョコチョコ本を読む人間なので、なんとも言えません笑

なんじゃそら!っていう話になっちゃって申し訳ありません!

また、考え方変わる本に出会ったらご紹介します!

この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2018 All Rights Reserved.