子育て/暮らし/愛知お出かけ/絵本+夫の脱サラ雑記

絶対に忘れないIDやパスワードを作る3つのポイント

2017/12/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

どうもー。夫です。

さーて、今回の話題は最近、身の回りに増えまくったIDとかパスワードとか

コレって“どうやって決めてどうやって覚えておけばええねん!問題”

解決する手助けができたら嬉しいと思います。

ポイントは3つだけです。
・覚えやすい
・簡単すぎるものではない
・いろんなパターンに対応できる

それでは順番に解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【ポイントその① 覚えやすい】

これはなんでもいいです。自然と覚えているものだけど少しズラしたものがベストです。

子どもの誕生日

自分の実家の住所

好きなアーティストの名前

車のナンバー

自宅の郵便番号

 

【ポイントその② 簡単すぎるものではない】

覚えやすいものから思い出せる何かを組み合わせてみましょう。

子どもの誕生日が2017年11月25日であれば

birth2017[子の名前]11happy25

みたいにするだけでセキュリティレベルが上がります。

実家の住所が○○県△△市□□町1丁目2番地3であれば

○○1△△2□□3

などにするといいと思います。

 

最近のパスワード設定では

文字数字を使ってください」とか「大文字小文字を使ってください」

という指示があります。この方法であればその指示にも対応が可能です

文字+数字という形より

文字+数字+文字or数字+文字+数字

という適度に入り混じっている形のほうが良いです。

ですが、これだと少し簡単すぎてしまうかもしれません。

ということで、ポイント続きます。

【ポイントその③ いろんなパターンに対応できる】

今までのポイントを踏まえたうえでいろんなパターンに対応していきましょう。

数字を文字へ変換するor文字を数字に変換する

3⇔E(大文字のイー)

1⇔l(小文字のエル)I(大文字のアイ)

9⇔q(小文字のキュー)

2⇔Z(大文字のゼット)

8⇔g(小文字のジー)

0⇔O(大文字のオー)o(小文字のオー)

という感じで見た目が似ているものを相互に変換していくのもアリだと思います。

例えば、「夢は忍者」をパスワード設定したいのであれば

[yumehaninja]→[yum3han1nja]という変換をするだけでだいぶ複雑になります。

 

そして、僕の将来の夢は「忍者」です。

忍者なんかーい。ソコ「司法書士ちゃうんかーい」と。

 

・音を文字へ変換する

日本人にしかわからないものを混入していくのも一つの方法だと思います。

123→ひふみ

123→イロハ

例えば「20171125」を変換してみましょう。

[20171125][Fu017hi125]

 

変換するときのポイントはあんまり多く変換しすぎないことです。

真ん中あたりの一文字を変換とかだけで十分だと思います。じゃないと忘れちゃいます。

 

・文字や数字をスライドさせる

あとは文字をスライドさせる方法です。

ひらがなを五十音順に並べて隣にスライドさせたり

数字を上にスライドさせたり、全部3を足してみたり

[おむつ2017]であれば

文字を隣にスライド+数字を3追加すると、[こゆぬ5340]

 

この場合は先ほどとは逆にスライドさせるなら全部スライドさせた方が

法則があってわかりやすいと思います。

こういうのやっていると思わぬ効果として“なぞなぞ”に強くなります。

テレビで脳トレとかがあると答えることが出来るかもしれません笑

スポンサーリンク

以上です!

「結局コレ全部やったらむっちゃくちゃ複雑になるやん!」って思ったみなさん!

おっしゃる通り、全部やると覚えられません。

このうちのひとつかふたつを案として

採用していただければそれでセキュリティレベルかなり上がります!

 

はい。これですっかりパスワード設定はマスターできた!

このパターンを少し入れ替えながら、パスワード設定してみたら

自分の愛着のあるものを再確認することができるかもしれませんね!

あら!なんか素敵なオチがついたかもしれません!

 

しかーし!

ここまで複雑にパスワードを設定したのに残念ながら

これからはパスワード認証というものが

だいぶ減ってくるのではないか?と予想しております。

 

これからの時代はほとんどのものが生体認証に変わっていくと思います。

生体認証(せいたいにんしょう)とは

バイオメトリクス(biometrics)認証とも呼ばれているものです。

人間の身体的特徴(顔とか指紋とか)や

行動的特徴(買い物のクセ、移動のパターン)の情報を使う認証方法です。

 

最近、発売されたiPhone XもFace IDを採用しています。

顔を認証するっていう時代に入ってきたんだなぁー

もうSF映画の世界がすぐそこまで来ているって感じますよね!

コレもきっと悪い人たちとのいたちごっこになっていくかもしれませんけど。

ただ、しばらくの期間は「生体認証+パスワード設定」という状態だと思います。

生体認証で不具合出たときに誰もアクセスできなくなってしまうのも困りますし。

ということで、少しでも参考になれば幸せです!

それでは、また今度~!

読んでいただきありがとうございました!

 

ポチっとお願いします!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳と4歳の男の子を育てている主婦のchikaと脱サラ夫です♪ chikaは最近FP2級の資格を取得。 ずぼらな性格とFPの知識、自分の経験を取り入れながら、 子育て世代に役に立つ情報を載せていきます。 夫は脱サラして司法書士を目指してます。 FP、宅建、建築士の資格を持ち、サラリーマン時代の経験を活かした記事を書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 男の子ママと脱サラ夫 , 2017 All Rights Reserved.